作家/ジャーナリスト・惠隆之介の公式ホームページです。沖縄や尖閣問題について、保守系言論人としての活動をご報告しております。

2018年2月8日 フランスの歴史に見る賤軍思想の結末

今我が国の風潮は第二次世界大戦初期のフランスを彷彿させられます。軍人の地位は低く、政界は政争につぐ政争、また仮に政治家が軍事国防を言及しようものならたちまち市民から糾弾され落選させられたのです。

ヒットラーは好機来たれりとフランスに侵攻、わずか一週間でフランス全土を制圧しました。あのナポレオンが築いた大陸軍国がさしたる抵抗もせず、わずか一週間で陥落したのです。なんか今の日本を見る気がします 

ページのトップへ戻る