作家/ジャーナリスト・惠隆之介の公式ホームページです。沖縄や尖閣問題について、保守系言論人としての活動をご報告しております。

2017年7月11日 月刊タブロイド「新生沖縄」への投稿歓迎!、タイトル「沖縄県民の皆さまへ」

弊会は、県民啓蒙のため国際的視点で小紙を月刊で発刊することを決意しました。当初私は乗り気ではなかったのですが、友人(医師)の次の一言が決意させたのです。皆さまどうか本欄に一言メール下さいませ。ご許可頂けますなら、紙面に転載致したく思っております。

「平成10年頃、特殊血液型の妊婦が那覇市内の病院で出血多量で重篤に陥りました。ところが輸血血液がなく、残念ながら彼女は亡くなりました。これを伝え聞いた米海軍病院院長ミトルマン大佐が、『どうして我々に一言言ってくれなかったのか、有事に備えて米海軍病院にはあらゆるタイプの血液を保存している』」。

そうです県民は恵まれた環境にありながら、地元バカ二紙に情報をブロックされて時には人命さえ犠牲にされるのです。

ページのトップへ戻る