作家/ジャーナリスト・惠隆之介の公式ホームページです。沖縄や尖閣問題について、保守系言論人としての活動をご報告しております。

2017年03月28日 活動ご報告、「万歳、やりました!」

皆様方の御支援の結果、絶滅寸前の沖縄産薬草を復活させるための製法特許を取得致しました。特許庁へ申請後10カ月という超特急でした。

今後大手食品メーカーと提携しながら生産体制を確立しつつ、沖縄第一次産業振興に資して行きたいと思っております。
沖縄県は東西1000km、南北400kmの広範囲に点在する61の有人島で形成されております。この領域を守るためにも離島住民の生活安定は必要不可欠です。

当蔬菜は砂糖キビに変わる基幹作物になるものと確信されます。いつまで補助金に依存するわけには行きません。

2017年03月6日 長野県消防防災ヘリクルー全員のご冥福をお祈ります。併せて感謝と敬意を表します!

国民同胞は昨日、墜落ヘリ発見の報に一人でも多くのクルーの生存を祈ったと思います。残念ながら岩田機長以下9名全員が殉職されました。ご遺族の皆様方の悲しみは察するに余りあると思われます。しかしクルーの皆様は立派でした。
 
私事にわたって恐縮ですが、叔母は従軍看護婦として沖縄戦で戦死しました。遺骨も発見できなかったため、母は時々私を連れて野戦病院壕跡をまわり叔母の冥福を祈っておりました。その時母が語った言葉、「友(同胞)のため命を捧げることは人間として最高の生き方なんだよ」でした。母も今は鬼籍の入っておりますが、母が残した最高の言葉でした。

2017年03月2日 天皇、皇后陛下のベトナムご訪問に思うこと

元日本兵妻グエン・ティ・スアンさんを労わらる天皇皇后陛下のお姿に涙しております。

ところで1963年頃、私は小学3年生でした。ベトナム戦争の真っ最中、南ベトナム軍の将兵が沖縄で米軍から戦闘訓練を受けておりました。ベトナム軍将校夫人たちがアオザイを着けて街を歩く光景が本島中部の風物詩にもなっておりました。

南べトナムが陥落し多数の旧南ベトナム国民がボートピュポウと化して南シナ海に漂流するようになりました。1979年、海自遠洋航海で欧州からの帰途、政府命令で米海軍哨戒機と協同してベトナム沖の漂流者を捜索しました。最近、機会あって沖縄を訪れたベトナム軍将校と杯を重ねました。

ページのトップへ戻る