作家/ジャーナリスト・惠隆之介の公式ホームページです。沖縄や尖閣問題について、保守系言論人としての活動をご報告しております。

2018年04月7日 本日は戦艦「大和」の命日!

「日本の新生にさきがけて散る。まさに本望じゃないか」と出陣された一青年士官がおられました。

 戦艦「大和」以下、第2艦隊合計10隻は73年前の本日、沖縄救援のため南下中、午後2時23分、九州南方海域で米艦載機の猛攻を受け沈没しました(「矢矧」以下5隻も沈)。
 この日はまた鈴木貫太郎海軍大将が組閣、昭和天皇のご意思を呈して終戦へと舵をきります。「大和」はまさに新生日本の人柱となったのです。
 同艦副砲分隊長臼淵巌(うすぶちいわお)海軍大尉(海兵71期、享年21)は、標記の遺言を残され淡々と出撃され戦死されました。その遺言全文を紹介します。大尉は今の日本の混乱を泉下から嘆かれているのではないでしょうか?

 「進歩のない者は決して勝たない。負けて目覚めることが最上の道だ。日本は進歩というものを軽んじてきた。私的な潔癖や徳義にこだわって、真の進歩を忘れていた。敗れて目覚める。それ以外にどうして日本が救われるか。いま目覚めずしていつ救われる。俺たちはその先導になるんだ。日本の新生にさきがけて散る。まさに本望じゃないか」

2018年04月4日 経営者にも史眼が必要

沖縄金融界の話で恐縮です!

4月2日、地元三行の入社式がありました。私が勤務していたR行は、かつては沖縄のリーディング・エンタープライズと評され、圧倒的な勢力を誇っておりました。戦後、米民政府によって創立され、中央銀行として貨幣製造権さえ付与されていたのです。

ところが今回新規採用僅か39名、後発行のO銀は69名です。株価でもO行の三分の一です。第一原因は日本復帰後、米国統治時代からの意識から脱皮できず、驕り高ぶり、平成バブル融資で失敗したからです。

私は海自士官からの特別入行で(昭和62年)、当時の頭取から「海軍式経営を進言しろ」と言われましたので最初のリポートに、ミッドウエー海戦における帝国海軍油断による大敗を引用し驕りを戒めました。

経営危機に陥った原因はもう一つありました。大正13年、バブル崩壊による地元3行倒産の史実を役員全員が全く学習していなかったのです。

沖縄県民の史眼は沖縄戦と廃藩置県(琉球王国の解体)のみです。歴史の話をすると欠伸をする方が多いです。最近の沖縄の地下上昇率を見ると、私はそろそろバブル時代の教訓を想起すべきと思っております

2018年04月2日 講演会ご参加&ご支援、有難うございました!

先日(3月31日)「誇り高き沖繩の歴史」講演会(於那覇市)にお越し下さいまして有難うございました。またボランティアでバックアップされました方々感謝申し上げます。
 
中国人ジャーナリストの方もお越し頂き感謝です!
 
私の再軍備論、歴史観は過激に聞こえたかもしれませんが、これが国際基準です。中国人の先生も「日本にも骨のある軍事評論家いるんのか」と安堵したと思います。

尖閣防衛は史的理論も大切ですが、守る意欲、戦う意欲が第一と思われます

ページのトップへ戻る