作家/ジャーナリスト・惠隆之介の公式ホームページです。沖縄や尖閣問題について、保守系言論人としての活動をご報告しております。

2017年12月20日 国民よ沖縄発の情報に騙されないで下さい!

本日、沖縄ではコザ(現沖縄市)暴動事件発生から47周年、いかにも住民が米国の圧政に抵抗して起こしたレジスタンスであったかのように喧伝されています。しかもメディアは昨今の米軍機部品落下事故へ絡ませて反米のテコに利用しようとしております。

皆様騙されないで下さい!、あの事件は暴動に見せかけた工作が濃厚です。プロ群衆が焼き討ちした米国人所有車両の中に特殊な紙きれを残置しておりました。歩合制で一台につきいくらの報酬という算出根拠に使われていたのでしょう・

当時この光景を見ていた台湾人亡命者たちは、沖縄版228事件が発生すると危惧しておりました。しかし米軍は中国軍(国民党軍)と実に対照的でした。決してこの群衆に発砲しませんでした。

台湾亡命者の方が私に言いました。沖縄に逃れてきて一番驚いたことは左翼が米軍基地正門で反対運動を公然としている光景だったそうです。ピクニックかと思ったそうです。

当時の台湾でこういうことをしたら一晩で粛清、もちろん死体も消されたそうです。

沖縄県民は世界一の被害者と妄想しておりますが、台湾の民衆に比べれば「飽食の飼い猫」かも知れません・・・

2017年12月20日 「(沖縄)米軍機全機飛行停止」より「新幹線全車停止」の方がリーズナブル

翁長知事の「米軍機の全機飛行停止」発言を聞いたときは唖然としました。しかし、知事の言動を煽るメディアも稚拙ですね。新幹線「のぞみ第34号」台車破断事故こそ大きく取り上げるべきではないでしょうか?これなら全車運航停止でも理解できますが・・・、

米軍は来る第二次朝鮮戦争に備えて猛訓練実施中です。拙宅の上空は米軍戦闘機隊の飛行コースです。毎朝午前10時頃、本島南方空域で戦闘訓練を終えた編隊が高度約4000mまで降下しながら爆音をけたてて嘉手納空軍基地に着陸して行きます。思わず「無事でなにより」と手を振りたくなります。

2017年12月14日 訪中中の文在寅韓国大統領、南京事案に言及し我が国を批判!当時貴殿の親達は日本軍人(国民)でなかったの?

洪思翊日本陸軍中将、朴正煕陸軍大尉(後韓国大統領)はいずれも日本陸軍士官学校出身、朴大尉の部下に田中角栄軍曹(後総理)もおりました。要するに当時韓国人はれっきとした日本人だったのです。

1931年発生した中国東北部万宝山で中国農民と朝鮮人農民が衝突した際(万宝山事件)、朝鮮人農民を保護したのは日本官憲でした。

習近平主席は今回は本件に関し、スピーチを行っていません。本件を理解しているからでしょうか? 

ページのトップへ戻る