作家/ジャーナリスト・惠隆之介の公式ホームページです。沖縄や尖閣問題について、保守系言論人としての活動をご報告しております。

メディア情報

テレビ出演

NHK沖縄
1996年5月 テレビ討論番組 「基地問題と全県フリー・トレイド・ゾーン」
琉球放送テレビ
2012年5月 特別番組「ゴリmeets復帰っ子」(基地政策について)
RKB毎日ラジオ
2012年5月14日~5月18日 「沖縄復帰40周年特集番組」
読売テレビ「たかじんのなんでも言って委員会」
2008年11月 「田母神空幕長発言について」
2009年5月 「沖縄戦における住民自決教科書検定問題」
2010年11月 「尖閣沖、中国漁船衝突事件に関し」
2012年3月「沖縄返還交渉における密約問題」
2012年7月 スピーチコンテスト 熱いオッサン大賞受賞
BS11テレビ
2011年8月20日 未来ビジョン「日米同盟を堅持せよ」
山形テレビ
2009年 「戦時中の恩人(工藤艦長)を訪ねて」

※取材・講演等のご依頼は、こちらから。

インターネット番組出演

日本文化チャンネルさくら
多数出演」
日本文化チャンネルさくら 沖縄支局
毎週定期出演

※取材・講演等のご依頼は、こちらから。

ラジオ出演

日本文化放送
平成25年3月23日 ラジオ時事対談 「沖縄と中国」と題して 惠隆之介が語る
福岡RKB毎日ラジオ
平成25年3月4日 「沖縄 オスプレイ」

※取材・講演等のご依頼は、こちらから。

既刊論文

  1. 「基地の急激な縮小に反対」
    1996(平成8)年2月6日朝刊 「産経新聞」オピニオンプラザ 「わたしの正論」入選1位
  2. 「大田琉球国王に反乱す」
    1996(平成8)年10月号 文藝春秋社「諸君」
  3. 「沖縄を『生活保護県』にするつもりか」
    1997(平成9)年4月号 文藝春秋社「諸君」
  4. 「沖縄『一坪反戦地主』中心人物は北朝鮮『チュチェ思想』信奉者」
    1997(平成9)年4月10日号 週刊「新潮」
  5. 「わが沖縄県民よ忘恩の民になるのか」
    1997(平成9)年4月21日号 産經新聞 「問題提起」
  6. 「バラまき振興策は沖縄をダメにする」
    1997(平成9年)5月号 改革者
  7. 「沖縄・反基地運動家の呆れた正体」
    1997(平成9)年5月号 文藝春秋社「諸君」
  8. 「見過ごせない沖縄反戦基地運動の実態政府の抜本的政策が急務」
    1997(平成9)年 5/6-13(合併号) 「世界週報 」
  9. 「沖縄県民よ、真の国際人たれ」
    1997(平成9)年9月号 「中央公論」
  10. 「中国に併呑される沖縄」
    1997(平成9)年10月号 PHP研究所 「 Voice 」
  11. 「この20人を大論破!」
    1998(平成10)年2月号 文藝春秋社「諸君」
  12. 「またしても『辻の遊郭』に消える『補助金』か、沖縄」
    1998(平成10)年10月号 文藝春秋社「諸君」
  13. 「東京を狙う沖縄厭戦ミサイル」
    1998(平成10)年11月号 PHP研究所「Voice」
  14. 「沖縄よ、振興策に甘えるな」
    1999(平成11)年5月号 PHP研究所「Voice」
  15. 「愛するがゆえに直言する・わが沖縄、わが闘争」
    2004(平成16)年8月発行 「別冊宝島Real 059号・沖縄ダークサイド」
  16. 「尖閣、沖縄が危ない!」
    2006(平成18)年5月号 文藝春秋社「諸君」
  17. 「沖縄戦集団自決『教科書問題』で『5万人抗議集会』を計画する沖教組の暴走」
    2007(平成19)年9月号 小学館 月刊「SAPIO」
  18. 「日本再興の切り札『海軍兵学校教育』の教え」
    2007(平成19)年11月号 月刊「自由民主」
  19. 「沖縄タイムスー反日・反米の牙城」
    2008(平成20)年1月号 激論「ムック」シリーズ「反日マスコミの真実」
  20. 「日本軍は命がけで沖縄県民を守った!」
    2008(平成20)年1月号 新しい歴史教科書をつくる会発行「史」
  21. 共同取材「中国『沖縄略奪工作』に創価学会も絡んで」
    2008(平成20)年2月号 月刊「テーミス」
  22. 「日本軍は沖縄県民を敵として戦ったのか」
    2008(平成20)年3月号 月刊「正論」
  23. 共同取材「『沖縄・中国・台湾』三角貿易の恐ろしい現実」
    2008(平成20)年3月号 月刊「テーミス」
  24. 「日本軍・知られざる『住民保護作戦』の全貌」
    2008(平成20)年7月号 月刊「テーミス」沖縄の真実
  25. 「沖縄の『近代化』に皇室が果たした役割」
    2008(平成20)年8月号 月刊「テーミス」
  26. 「『敵兵を救助せよ』のそれから」
    2008(平成20)年10月号 月刊 「正 論」
  27. 「海上自衛隊の苦悩・栄光と不祥事の狭間で」
    2008(平成20)年12月号 月刊「テーミス」
  28. 「旧敵に『師』と仰がれる日本人の生き方」
    2009(平成21)年2月号 月刊「至知」
  29. 「敵兵を救助した工藤俊作艦長・命がけの武士道」
    2009(平成21)年5月 激論「ムック」シリーズ「世界に愛される日本」
  30. 「平成日本が最も輝いた日」
    2009(平成21)年7月号 月刊「自由民主」
  31. 「沖縄一国二制度で中国『琉球省』が誕生する」
    2009(平成21)年9月号 激論「ムック」シリーズ 「民主党の正体」
  32. 「政権交代で揺れる沖縄の防衛」
    2009(平成21)年11月号 激論「ムック」シリーズ「迷走日本の行方」
  33. 「報道されない沖縄基地問題事情の真実」
    2010(平成22)年1月号 激論「ムック」シリーズ「反日マスコミの真実」
  34. 「沖縄がもっとも輝いた日」
    2010(平成22)年1月号 産經新聞社   「正論」
  35. 「翻弄され続けた普天間基地問題」
    2010(平成22)年6月号 激論「ムック」シリーズ 「民主党政権崩壊へ」
  36. 田母神俊雄元空幕長対談「犬のシッポ『沖縄に振り回されていいのか』
    2010(平成22)年11月号 ワック出版「歴史通」
  37. 「英米が脱帽した『海の武士道』」
    2011(平成23)年1月号 ワック出版「歴史通」
  38. 「米軍、自衛隊よ、ありがとう」
    2011(平成23)年5月号 ワック出版「歴史通」特集「東北大震災」
  39. 「沖縄は、やはりゆすり・たかりの名人」
    2012(平成24)年5月号 ワック出版「歴史通」
  40. 「沖縄分離・独立の工作が進んでいる」
    2012(平成24)年7月号 「Japanisim」青林堂出版
  41. 「沖縄への政府補助金を全廃せよ・・・金を渡せば渡すだけ、非国民化する沖縄人」
    2012(平成24)年8月号 「激論」ムックシリーズ 
  42. 「尖閣防衛には血を流す覚悟を」 石原慎太郎元都知事との緊急対談
    2012(平成24)年11月号 月刊 WiLL
  43. 「ここまでするか・・・沖縄「反米」報道の異様」
    2010(平成22)年1月号 産經新聞社「正論」

※取材・講演等のご依頼は、こちらから。

講演経歴

アメリカでの講演

日本での講演

※取材・講演等のご依頼は、こちらから。

衆議院憲法調査会で陳述

平成14年3月20日衆議院憲法調査会
衆議院憲法調査会地方公聴会で公述人として参加、憲法9条の改訂を以下の事由により陳述しました。
  1. 海上自衛隊艦隊勤務時代、北朝鮮不信船に遭遇しながらも憲法9条の制約で拱手傍観せざるを得なかった。拉致被害者の皆様に誠に申し分けない思いでいっぱいである。
  2. 現行憲法発布時、日本共産党書記長徳田球一氏(当時)は、「交戦権の否定は独立の否定」と主張した、まさにそれが今の我が国の実態である。

※取材・講演等のご依頼は、こちらから。

ページのトップへ戻る